コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成角礫岩 かせいかくれきがんeruptive breccia

岩石学辞典の解説

火成角礫岩

この語は,角張った熔岩の岩片を含む火山性凝灰岩または自破砕作用を行なった火成岩のどちらにも用いられる[Bodmer-Beder : 1898, Diller : 1898].

火成角礫岩

火成岩源の角礫岩質岩石の一般的名称.基本的には自破砕作用を行なった熔岩で,熔岩流の既に固結した殻の岩片がまだ流動的な熔岩で結合されたものに用いる.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android