火水母(読み)ヒクラゲ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

火水母 (ヒクラゲ)

学名:Tamoya bursaria
動物。アンドンクラゲ科のクラゲ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐くらげ【火水母】

〘名〙 刺胞動物アンドンクラゲ目の一種。傘は箱型で、直径七センチメートル、高さ二二センチメートルに達する。紀伊半島から九州沿岸に分布する。毒性が強く、触手にふれると激しい炎症を起こすので名付けられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android