コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火災旋風(読み)カサイセンプウ

デジタル大辞泉の解説

かさい‐せんぷう【火災旋風】

大規模な火災が起きたときに発生する、竜巻のような空気の渦。山林市街地・石油コンビナートでなどで火災が広範囲に及んだときに発生することがある。炎や高温の空気を含み、大きな被害をもたらす。関東大震災では100以上の発生が報告されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の火災旋風の言及

【風】より

…竜巻よりさらに規模の小さい渦巻は旋風と呼ばれ,運動場などで土ぼこりを上げるものは,塵旋風といわれる。また大火災に伴って発生する火災旋風などがある。(5)ビル風 高層ビルの間を吹き抜ける風は,建物のために風が収束して,平地の風速の2~2.5倍になることもある。…

※「火災旋風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火災旋風の関連情報