コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰斑病ヘヤリーベッチ

飼料作物病害図鑑の解説

灰斑病ヘヤリーベッチ

春と秋の雨期に発生の多い糸状菌病。葉、茎、さやなど地上部全体に発生する。葉では初めチョコレート色の斑点が現れ、後に円形から楕円形、直径2-5mm の病斑となる。病斑内部は灰白色に変わるため、周囲をチョコレート色の縁で囲まれたようになる。感染した葉は次々と落葉する。古くなった病斑上には黒い粒 点(柄子殻)が現れ、ここから胞子を飛散してまん延する。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android