灰斑病ヘヤリーベッチ

飼料作物病害図鑑の解説

灰斑病ヘヤリーベッチ

春と秋の雨期に発生の多い糸状菌病。葉、、さやなど地上部全体に発生する。葉では初めチョコレート色の斑点が現れ、後に円形から楕円形、直径2-5mm の病斑となる。病斑内部は灰白色に変わるため、周囲をチョコレート色ので囲まれたようになる。感染した葉は次々と落葉する。古くなった病斑上には黒い粒 点(柄子殻)が現れ、ここから胞子を飛散してまん延する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android