コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炒取法 いりとりほう dry rendering

1件 の用語解説(炒取法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炒取法
いりとりほう
dry rendering

動物性油脂の採油法の一つ。原料を釜に入れてじかに加熱したり,蒸気を用いて間接的に加熱することにより脂肪分を融出させ,釜と攪拌機の組合せにより油脂を取出す。動物性油脂の採油法としては最も古くから行われていたものの一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炒取法の関連キーワード植物油脂動物油脂動物性肥料加工油脂可塑性油脂消化式採油法動物性タンパク質因子植物性油脂人工採油法動物性油脂

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone