炒取法(読み)いりとりほう(英語表記)dry rendering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炒取法
いりとりほう
dry rendering

動物性油脂の採油法の一つ。原料を釜に入れてじかに加熱したり,蒸気を用いて間接的に加熱することにより脂肪分を融出させ,釜と攪拌機の組合せにより油脂を取出す。動物性油脂の採油法としては最も古くから行われていたものの一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android