攪拌機(読み)かくはんき

  • ×攪×拌機

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

液体と液体とを均一に混ぜ合わせるとき、あるいは液体と固体とを混ぜ合わせるときに用いられる機械。粉体などをかき混ぜるのにも使われる。主として化学工業で用いられている。攪拌機の起源は古く、アグリコラの著書『デ・レ・メタリカ』(1556刊)にもみられる。化学工業の進歩に伴って、液体と液体、あるいは液体と固体をタンクの中で混ぜ合わせ、化学反応をおこさせるのに各種の攪拌機がつくられた。その多くはタンク攪拌機で、構造はタンクの中に攪拌するための装置を入れたものである。その装置は攪拌用の羽根をもち、その形によりプロペラ型、オール型、タービン型、螺旋(らせん)軸型など多種ある。プロペラ型は粘度の低い液体、または固体粒子を含んでいる液体の攪拌用に用いられる。もっとも簡単なオール型は低粘度用で、タービン型は遠心力を利用し能率はかなりよい。粘度の大きいものには螺旋軸型が用いられる。攪拌機内の液体の動きも攪拌効果に影響するので、容器の形、かき混ぜ機の形や位置、じゃま板などをくふうして、その効果をよくするよう考慮されている。

 化学反応用のほか、調合、溶解、洗浄、分散、吸着用にも使用され、さらに伝熱用にも用いられている。低粘度の液体を連続的に混合するのに、ポンプによって液体を圧送し混合させる流動式攪拌機もある。家庭用の電気洗濯機も攪拌機の一種である。

[中山秀太郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

攪拌機の関連情報