為せる(読み)ナセル

デジタル大辞泉の解説

なせ‐る【為せる】

[連語]《動詞「な(為)す」の已然形+完了の助動詞「り」の連体形》なした。した。おこなった。「神の為せる業(わざ)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なせる【為せる】

( 連語 )
〔文語動詞「為す」の已然形に完了の助動詞「り」の連体形が付いたもの〕
おこなった。引き起こした。 「自然の-わざ」 「群集心理の-わざ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

為せるの関連情報