烏山和紙

デジタル大辞泉プラスの解説

烏山和紙

栃木県那須烏山市で生産される和紙。原料はコウゾ。製造の歴史は古く、奈良時代にまで遡る。江戸時代には「那須紙」と呼ばれた。丈夫で記録用紙や卒業証書などに用いられる。明治時代選挙用紙に指定された「程村紙(ほどむらし)」が知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android