コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏山和紙

1件 の用語解説(烏山和紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

烏山和紙

栃木県那須烏山市で生産される和紙。原料はコウゾ。製造の歴史は古く、奈良時代にまで遡る。江戸時代には「那須紙」と呼ばれた。丈夫で記録用紙や卒業証書などに用いられる。明治時代選挙用紙に指定された「程村紙(ほどむらし)」が知られる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

烏山和紙の関連キーワード栃木県那須烏山市旭栃木県那須烏山市表栃木県那須烏山市金井栃木県那須烏山市白久栃木県那須烏山市城山栃木県那須烏山市滝栃木県那須烏山市田野倉栃木県那須烏山市中央栃木県那須烏山市南栃木県那須烏山市宮原

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

烏山和紙の関連情報