コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

程村紙(ほどむらし)

デジタル大辞泉プラスの解説

程村紙(ほどむらし)

栃木県那須烏山市で生産される和紙「烏山和紙」のひとつ。原料はナスコウゾ。丈夫で折り目が切れにくく、明治時代には選挙投票用紙にも指定された。1977年、国の選択無形文化財に指定。保存性に優れることから、近年では卒業証書用紙としての需要が多い。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

百科事典マイペディアの解説

程村紙【ほどむらがみ】

コウゾを原料とした厚い手すき和紙。栃木県烏山町(現・那須烏山市)に産し,用途は記録用など。→西の内紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ほどむらがみ【程村紙】

こうぞで作った厚手上質の和紙。栃木県那須烏山市(下野国程村)で産する。西の内紙に似る。明治期には輸出もされ書画の印刷用に用いられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の程村紙(ほどむらし)の言及

【楮紙】より

…那須楮は茨城県北部の久慈郡大子町を中心とした久慈川流域で産出され,繊維は比較的細くて短く,繊細であるため,それを原料とした紙は温かみのある緻密(ちみつ)な紙肌となる。那須楮を使う紙は地元の西の内紙,程村紙(ほどむらがみ)のほか,越前奉書や本美濃紙(ほんみのし)などがある。本来,越前奉書は地元のコウゾや加賀楮,本美濃紙は津保草(つぼくさ)とよばれる地元のコウゾを使っていたものだが,現在は絶えてしまったので,よく似た性質の那須楮で代用している。…

【西の内紙】より

…佐竹氏が支配していた中世からすでに製紙が盛んであったが,江戸時代になって水戸藩の領地となってからは徹底した紙専売制が行われたため製紙業はさらに発展した。《日本山海名物図会》(1754)には,日本の代表的な5紙として越前奉書,美濃の直紙(なおしがみ),岩国半紙とともに関東の西の内紙と程村紙(ほどむらがみ)があげられている。程村紙は栃木県那須郡烏山町ですかれる楮紙で,両地方ですき出された紙は40種以上になるが,西の内紙は別格に高く評価され,他の紙を那須紙,水戸物と称して区別するほどであった。…

※「程村紙(ほどむらし)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

程村紙(ほどむらし)の関連キーワード栃木県那須烏山市烏山手すき和紙

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android