コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無投票当選 むとうひょうとうせん

大辞林 第三版の解説

むとうひょうとうせん【無投票当選】

選挙で、定数を超える候補者の届け出がない場合、または長の選挙で候補者が一人である場合に、投票を行わずに候補者を当選させること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の無投票当選の言及

【当選人】より

…当選人が定まったときは,選挙長は,ただちに当選人の住所,氏名および得票数などを選挙管理委員会に報告しなければならない(101条)。もし立候補の締切期限までに議員候補者の数が定員を超えないとき,または長の選挙で候補者が1人のときは投票は行わずに無投票当選として,選挙長は当該選挙の各投票管理者に通知し,あわせて告示し,かつ当該選挙管理委員会に報告しなければならない。この場合,選挙長は,選挙期日から5日以内に選挙会を開き,当該公職の候補者を当選人に決定しなければならない(100条6項)。…

※「無投票当選」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無投票当選の関連キーワード市立岐阜商業高校の学校法人立命館への移管問題かすみがうら市の汚職事件競輪場外車券売り場問題ハリマ・ヤコブ無投票選挙区地方議会曽 蔭権当選人森喜朗無投票候補者選挙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無投票当選の関連情報