民意(読み)みんい

精選版 日本国語大辞典 「民意」の意味・読み・例文・類語

みん‐い【民意】

〘名〙 人民意志国民意見。一般の人々の考え。「民意を問う」
御成敗式目(1232)四二条「於去留者宜任民意也」
一年有半(1901)〈中江兆民〉二「以て君恩に報じ民意に副ふて」 〔管子‐臣乗馬〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「民意」の意味・読み・例文・類語

みん‐い【民意】

人民の意思。国民の意見。「民意を反映した国政

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「民意」の読み・字形・画数・意味

【民意】みんい

民心。〔漢書、杜延年伝〕年収穫)比(このごろ)登(みの)らず、民未だ盡(ことごと)くはらず。宜しく孝の時のを修め、示すに儉和を以てし、天心に順ひ、民(よろこ)ばしむべし。

字通「民」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「民意」の意味・わかりやすい解説

民意 (みんい)

人民の意志のことであるが,民意とはつねに漠然としたものとしてあり,おもに為政者の側の用語として用いられる。いかなる支配であっても,それが持続するためには何らかの正統性を有していなければならず,支配者の私的利益を支配の目的として表明することはできない。支配が神意に基づくとされる場合でも,その神聖性が被支配者に受け入れられていなければならないだろう。とりわけ民衆動向が政治社会に直接の影響を及ぼすようになると,支配は民意に基づくもの,少なくとも民意を反映したものとして弁証されなければならない。啓蒙専制君主が公共の福祉をうたったことはそのあらわれである。近代民主主義にあっては,原理的には構成員全員一致の社会契約による政治社会の設立が前提となるが(社会契約説),全員一致が経験的に不可能であるうえ,個々の政策についてつねに合意を得ることは困難であるために,民意はそれ自体一個のシンボルたらざるをえない。さらに大衆社会の進展は,民意シンボルにおける権力の偽装手段としての要素を強めることになる。
世論
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

今日のキーワード

閏日

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400年に 97回閏日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽暦は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリ...

閏日の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android