無文の冠(読み)むもんのかんむり

精選版 日本国語大辞典「無文の冠」の解説

むもん【無文】 の 冠(かんむり)

① 平安から室町時代にかけて、殿上人以下の者所用の黒の無文
西宮記(969頃)一六「五位以上、六位蔵人及新冠著用綾冠、更衣時并暑月、着白下襲、着无文冠 近代五位以上、雖更衣綾」
天皇神事の際に用いる黒の平絹の冠。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android