コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平絹 ひらぎぬ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平絹
ひらぎぬ

絹織物の一種。ほぼ同じ太さの生糸を,経に1~2本,緯に2~3本を引きそろえて平織にしたもの。江戸時代に,上質で重目のものを羽二重 (はぶたえ) といい,軽目のもので,裏地に使用するものを平絹と呼ぶようになり,一般に和服胴裏をさすようになった。これをウコンで下染めし,ベニバナ色に染めたものを特に紅絹 (もみ) という。最近は,化学繊維類が多量に使われているため,平絹の名はほとんど使われない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひら‐ぎぬ【平絹】

平織りの絹織物薄地で、和服の裏地などに用いられる。へいけん。

へい‐けん【平絹】

ひらぎぬ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひらぎぬ【平絹】

後練絹織物。生糸を経緯に使って平織したものを生絹(きぎぬ)といい,これを精練したものを平絹,練平絹,地絹と呼ぶ。片羽二重よりも品質の落ちる生糸を密度をあらく織ったもの。無撚で織るので風合いが柔らかく,糸使いによって生地の重さの種類は多い。平安時代の貢献布の絹,白絹,縑(かとり),絁(あしぎぬ)はこの類である。また,玉糸を緯に使った玉緯絹,玉糸を経緯に用いた玉絹,緯糸に絓糸(しけいと),熨斗糸(のしいと)を織った絓絹太織などは平絹に属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひらぎぬ【平絹】

たて糸・よこ糸とも同じ太さの糸を平織りにした生絹。薄地で、裏地などに用い、羽二重より質が劣る。へいけん。

へいけん【平絹】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の平絹の言及

【平織】より

…綜絖(そうこう)2枚の最も単純な織機でも織製が可能なため,織物中最も広く応用されており,いざり機(地機)のような原始織機にたよった地方の織物や,未開地の織物には,これによるものが多い。絹による平織物を一般に〈平絹(ひらぎぬ)〉と称しており,古名にある〈縑(かとり)〉〈絁(あしぎぬ)〉などは絹糸の太い細い,組織の粗密によって区別された名称である。そのほか縞,絣,銘仙,縮緬(ちりめん),羽二重,甲斐絹(かいき),富士絹,紬(つむぎ)などは,経緯の絹糸の種類,太さ,密度,撚りの強弱および色糸の用法などにより外見は異なるが,いずれもその組織は平織を基本としている。…

※「平絹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平絹の関連キーワード刺繍釈迦如来説法図平絹(へいけん)黄櫨染の御袍大口(衣服)勧修寺繍帳表袴・上袴安田利作大口袴鎧直垂甚三紅信州紬大島紬烏帽子精好織花帽子打ち殿纐纈精好北絹摺箔

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android