無相離念(読み)むそうりねん

精選版 日本国語大辞典「無相離念」の解説

むそう‐りねん ムサウ‥【無相離念】

仏語。真理そのものを正しく観察し、それに契合して、あらゆる思慮分別を離れること。
教行信証(1224)六「何況無相離念誠難獲」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無相離念」の解説

むそう‐りねん〔ムサウ‐〕【無相離念】

仏語。一切の念慮・妄念を離れること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android