無線電信送受信機 (1)FS電信受信機 ZB2型 (2)SSB短波送信機 SK-101型(読み)むせんでんしんそうじゅしんき

事典 日本の地域遺産の解説

無線電信送受信機 (1)FS電信受信機 ZB2型 (2)SSB短波送信機 SK-101型

(栃木県小山市 KDDI(株)小山テクニカルセンター国際通信史料館)
重要科学技術史資料(未来技術遺産)」指定の地域遺産〔第00033号〕。
わが国独自の技術による世界水準の電信装置。〈製作者(社)〉国際電気通信株式会社。〈製作年〉1957(昭和32)年(FS電信受信機)、1960年(SSB短波送信機)

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android