焦気味(読み)じれぎみ

精選版 日本国語大辞典の解説

じれ‐ぎみ【焦気味】

〘名〙 (形動) 思いどおりにならなかったり待ちくたびれたりして、少しいらだっている感じであること。また、そのさま。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「お鉄は少し焦(ジ)れ気味(キミ)で、『姉さんてば』と力を入れて呼ぶと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android