コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然る方 サルカタ

デジタル大辞泉の解説

さる‐かた【然る方】

[連語]
それ相応な人。身分ある、ある人。「然る方の仰せられるには」
そういう方面。しかるべき所。それ相応。
「―にても御覧ぜさせばや、と思ひ給へし人になむ」〈蜻蛉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さるかた【然る方】

( 連語 )
ある人。特に、名を秘す必要のあるときに用いる。 「 -から依頼された件」
そういう方面。そのむき。 「 -に見所ありぬべき女の/源氏 橋姫
(「さるかたに」の形で)それはそれでまた。 「気近く愛敬づきて、うちそぼれたるは、-にをかしく/源氏 常夏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

然る方の関連キーワード連語源氏橋姫