方面(読み)ほうめん

精選版 日本国語大辞典「方面」の解説

ほう‐めん ハウ‥【方面】

〘名〙
① ある方向の地域。
※菅家文草(900頃)七・未旦求衣賦「蒼海淼茫、方面於焉既済」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉四「山陰方面(ハウメン)の温泉案内などを」 〔後漢書‐逸民伝・逢萌〕
② ある分野
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「此方面の研究を是から続け度い」 〔後漢書‐龐参伝〕
③ ある一地域を守る大将。方面の寄せ。
※日本外史(1827)一四「秀吉又任以方面。累加封至百万石。鎮会津
④ 角ばった顔。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉猟官「方面痩躯の男」 〔後漢書‐方術伝・高獲〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「方面」の解説

ほう‐めん〔ハウ‐〕【方面】

ある方向の地域。「東北方面への列車
ある分野・領域。「その方面に疎い」「各方面の専門家」
[類語](1方向地域区域地区地方一円一帯地帯界隈かいわい土地区画/(2分野世界境域さかい領域エリアゾーン領分部門ジャンルフィールド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android