然る者(読み)サルモノ

デジタル大辞泉の解説

さる‐もの【然る者】

[連語]
なかなかの人物。あなどれない人。重んじる価値のある人。「敵も然る者
ある人物。某。個人名を明らかにできないような場合にいう。「然る者から得た情報」
そのような人物。そういう人物。
「尚侍(ないしのかみ)望みし君も、―の癖なれば」〈真木柱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さるもの【然る者】

( 連語 )
したたか者。抜け目のない者。油断のならない者。 「敵も-」 「志丈も中々-ゆゑ/怪談牡丹灯籠 円朝
ある地位・才能などがあり軽視できない人。 「 -にしなして、長く見るやうも侍りなまし/源氏 帚木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android