コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然る者 サルモノ

2件 の用語解説(然る者の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さる‐もの【然る者】

[連語]
なかなかの人物。あなどれない人。重んじる価値のある人。「敵も然る者
ある人物。某。個人名を明らかにできないような場合にいう。「然る者から得た情報」
そのような人物。そういう人物。
「尚侍(ないしのかみ)望みし君も、―の癖なれば」〈・真木柱〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さるもの【然る者】

( 連語 )
したたか者。抜け目のない者。油断のならない者。 「敵も-」 「志丈も中々-ゆゑ/怪談牡丹灯籠 円朝
ある地位・才能などがあり軽視できない人。 「 -にしなして、長く見るやうも侍りなまし/源氏 帚木

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

然る者の関連キーワードあなかまあなかま給えカナカ人物中にも話し手偉物かなかな少なからぬ少女像は泣かなかった

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone