コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼い嗅がし ヤイカガシ

デジタル大辞泉の解説

やい‐かがし【焼い嗅がし】

節分の夜、魔よけのためイワシの頭や臭気の強いものを焼いて串(くし)に刺し、家の入り口などに挿しておくもの。やっかがし。やいくさし。やきさし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

焼い嗅がしの関連キーワード節分

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android