コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼(き)討ち/焼(き)打ち ヤキウチ

デジタル大辞泉の解説

やき‐うち【焼(き)討ち/焼(き)打ち】

[名](スル)火矢を打ち込んだり、火を放ったりしながら攻めること。火攻め。「―をかける」「砦(とりで)を―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

焼(き)討ち/焼(き)打ちの関連キーワード尊朝法親王(そんちょうほっしんのう)四天王寺(大阪市)鳥羽・伏見の戦三国志演義奈良(県)平家女護島新和様建築渋沢 栄一延暦寺焼討京極高氏勘合貿易百姓一揆山田長政今井宗薫天台座主水晶の夜六角定頼城山三郎織田信長當麻寺

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android