コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火矢/火箭 ヒヤ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火矢
ひや

火箭とも記す。矢先に付着した鏑(かぶら)、蟇目(ひきめ)、布などに油をしみ込ませこれに点火し、敵の城や軍船を射て火災を発生させたり、敵を威圧するための矢。『平家物語』法住寺(ほうじゅうじ)焼討ちの際や『太平記』巻6・赤坂合戦のおりに火矢を使用したことが記されている。また火薬が伝来してからは、箆(の)(矢軸)の先にこれを詰める方法が行われた。なお当時の火薬剤としては樟脳(しょうのう)、硫黄(いおう)、塩硝、松脂(まつやに)、灰などが用いられた。そのほか、炮碌(ほうろく)(炮礫・包圭・焙烙とも記す)火矢というのがあった。銅製または素焼土器の空丸の中に火薬を詰め漆塗りとし点火、敵陣に投じ爆発させるもので、『信長記(しんちょうき)』(1622)のなかにこれが使用された記事がみられる。[入江康平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の火矢/火箭の言及

【焼打】より

…火攻めの一つであるが,具体的方法として,矢に可燃物を付して発射し,敵陣の防御物を破却することも多かった。多く火矢が使われたが,日本での使用例は《日本書紀》(欽明条)にも見られ古い。《平家物語》にも〈樋口次郎兼光,新熊野(いまくまの)の方より時のこゑをぞあはせたる。…

※「火矢/火箭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火矢/火箭の関連キーワード焼き討ち・焼き打ち・焼討ち・焼打ち長崎台場跡武衛市郎左衛門棒火矢・棒火箭大野宇右衛門焼き玉・焼玉火矢・火箭三木茂太夫興国寺城跡射掛ける河合重元鍋島吉茂水鉄砲おあん城攻め国崩し焼夷弾児玉琢武衛流焼討ち