コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照る照る坊主 テルテルボウズ

デジタル大辞泉の解説

てるてる‐ぼうず〔‐バウズ〕【照る照る坊主】

晴天を祈って、軒先などにつるす人形。天気になれば、墨でひとみを入れたり、また神酒(みき)を供えて川に流したりする。てるてる法師。てりてり坊主。てるぼうず。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てるてるぼうず【照る照る坊主】

晴れることを祈って、軒先などにつるす人形。普通、四角な紙の中央に綿などをおいてくくり、頭とする。晴れたら、目を書き入れたり、神酒みきをかけたりして、川に流す。てりてりぼうず。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

照る照る坊主の関連キーワードコムちゃん照照坊主

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

照る照る坊主の関連情報