煽返(読み)あおりかえし

  • あおりかえし あふりかへし
  • あおりかえ・す あふりかへす

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 舞台の背景を、上下または左右に二分できるように作り、これを折り返して、別の場面または変わった様相に転換させること。
〘他サ四〙 芝居で、煽返しを用いる。
※歌舞伎・与話情浮名横櫛(切られ与三)(1853)七幕「以前の道具より付いて上がりし土堤づら、あふり返し、闇ぼかしの霞へ、榎の枝をとりつけ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android