二分(読み)ニブン

大辞林 第三版の解説

にぶ【二分】

割合で、十分の二。単位で、一分いちぶの二倍。

にぶん【二分】

( 名 ) スル
二つに分けること。 「財産を-する」 「天下を-する」
春分と秋分。 → 二至

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

に‐ぶ【二分】

〘名〙
割合で一〇分の二。
② 令制で、国司の第四等官(目(さかん))を、その給与として受ける公廨稲(くがいとう)の配分率によって呼んだもの。主に、年官として与えられる官をいうのに用いる。二分の官。
※中右記‐元永二年(1119)四月一二日「従二分任尉之者不御禊前駈之由万人所知也」
③ (「二歩」とも) 一分(一両の四分の一)の二倍。一両の二分の一。
※浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)下「二十日あまりに四十両、つかひはたして二歩残る」
④ (「二歩」とも) 江戸時代、吉原の座敷持ちまたは部屋持ち女郎の揚代金。または、踊子の枕代金。また、その遊女や踊子。
雑俳柳多留‐一三(1778)「日半日ねこをじゃらして二歩とられ」

に‐ふん【二分】

〘名〙
① 一分(いっぷん)の倍の時間。一二〇秒。
② 「にぶ(二分)④」をしゃれていう。踊子の枕代の相場。
※雑俳・川傍柳(1780‐83)四「磯の禅司が付て来て弐分(にフ)ん取」

に‐ぶん【二分】

〘名〙
① (━する) 二つに分けること。二つに分かれること。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)八「その瓔珞をうけ、わかちて二分(ニフン)なして」 〔郭璞‐江賦〕
② 和文の活字や込め物などの大きさの呼称。全角の半分、すなわち全角の一辺を二分の一としたものをいう。〔本と校正(1965)〕
③ 春分と秋分。また、春分点と秋分点。二分点。〔遠西観象図説(1823)〕 〔春秋左伝‐昭公二一年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

二分の関連情報