コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊本藩御刑法草書 くまもとはんごけいほうそうしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊本藩御刑法草書
くまもとはんごけいほうそうしょ

江戸時代の熊本藩の刑法典。6代藩主細川重賢が堀平太左衛門勝名に命じて編纂させたもの。宝暦4 (1754) 年成立。名例,盗賊,詐偽,奔亡,姦犯,闘殴,人命,雑犯の8編から成り,中国,主として明の刑法典を参考にしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android