人命(読み)ジンメイ

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐めい【人命】

〘名〙 人間
※明衡往来(11C中か)上本「此日懸続命縷則益人命云々」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉八「この弊事を除き、人命を助けんと欲し」 〔後漢書‐鐘離意伝〕

にん‐みょう ‥ミャウ【人命】

〘名〙 人の命。人間。じんめい。
※浄瑠璃・松風村雨束帯鑑(1707頃)五「天からたからがあまくだってにんみゃう草木ぞう長すれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人命の関連情報