コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷玄随 くまがい げんずい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷玄随 くまがい-げんずい

?-? 江戸時代中期の本草家。
周防(すおう)(山口県)岩国藩医の家に生まれる。松岡恕庵(じょあん)に本草学をまなぶ。恕庵がニンジンの品種などを記述した「広参品(こうじんぼん)」を増補,宝暦11年(1761)刊行した。またヤブレガサに関する「薇蘅(びこう)弁」をあらわし,クロクサについて「漏蘆(ろうろ)弁」を編集した。名は順之,慎憲。号は稽斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

熊谷玄随の関連キーワード本草家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android