コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松岡恕庵 マツオカジョアン

デジタル大辞泉の解説

まつおか‐じょあん〔まつをか‐〕【松岡恕庵】

[1668~1746]江戸中期の本草学者。京都の人。名は玄達。恕庵は通称。山崎闇斎伊藤仁斎に儒学を、稲生若水に本草学を学んだ。著「用薬須知」「千金方薬註」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松岡恕庵 まつおか-じょあん

1668-1746 江戸時代中期の本草家。
寛文8年生まれ。儒学を山崎闇斎(あんさい),伊藤仁斎(じんさい)に,本草を稲生若水(いのう-じゃくすい)にまなぶ。享保(きょうほう)6年幕府にまねかれ薬物鑑定に従事した。門弟に小野蘭山(らんざん),戸田旭山(きょくざん)。延享3年7月11日死去。79歳。京都出身。名は玄達。字(あざな)は成章。別号に怡顔斎(いがんさい),埴鈴など。著作に「用薬須知(すち)」「怡顔斎桜品」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松岡恕庵

没年:延享3.7.11(1746.8.27)
生年:寛文8(1668)
江戸中期の本草・博物学者。京都の生まれ。名は玄達,字は成章,恕庵は号,別号は怡顔斎。初め山崎闇斎に入門し,のち伊藤仁斎,東涯父子に師事して儒学を修めた。また稲生若水に本草学を学んだ。恕庵の博物学上の功績は,中国の動植物およびわが国産の動植物,鉱物などの品種の研究を特に学問的に取り上げた点にある。小野蘭山など多くの門下生を育成した。恕庵口授の『本草記聞』や『本草会誌』によると,李時珍『本草綱目』をテキストとして講義したことがあったらしい。享保6(1721)年幕府の命により江戸に出て,薬品の鑑定に従事。このころには本草学の中心人物となった。 著書は多く,中でも薬物に関する学識を明示した『用薬須知前編』,食物本草書『食療正要』は重要。後者は舶来中国書『農政全書』に収録の徐光啓編集『救荒本草』と王西楼編『救荒野譜』を校訂,上梓。また飢饉に際して救荒食糧に甘藷が有用であると『蕃藷録』を著述,のち幕府に採用された青木昆陽の上書『蕃藷考』に先立つこと16年。その他動植物の形態,産地などを記した『桜品』『梅品』『蘭品』『菌品』『広参品』『介品』などは,わが国園芸の発達に一役を投じた。若水学派の博物学は品種研究の形で恕庵によって継承発展し,将軍徳川吉宗の国産開発の奨励により,諸国産物の実地調査へ,さらに物産会,薬品会の開催へと展開した。<参考文献>上野益三『日本博物学史』

(吉田厚子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

まつおかじょあん【松岡恕庵】

1668~1746) 江戸中期の本草学者。京都の人。名は玄達。号、怡顔斎いがんさい。恕庵は通称。著「千金方薬註」「用薬須知」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松岡恕庵
まつおかじょあん
(1668―1746)

江戸中期の本草(ほんぞう)学者。京都の出身。名は玄達(げんたつ)、恕庵は通称、怡顔斎(いがんさい)と号す。儒学を学び、古典の動植物を理解するため稲生若水(いのうじゃくすい)に師事。奥義を究め、本草大家となり、医学にも精通した。質素な生活とは対照的に、多数の蔵書を国書と漢書に区分し、2棟の大書庫に収め、学者の面目に徹した。1721年(享保6)幕府に招かれ薬物鑑定に従事。1726年蘊蓄(うんちく)を傾け『用薬須知』5巻を著す。動植物の品類、形態、産出の状況、方言などを記載、博物学的本草学の価値を高めた。『本草一家言』『食療正要』『桜品』『菌品』ほか著書多数。小野蘭山(らんざん)、戸田旭山(きょくざん)(1696―1769)ら著名門人が多い。没後、門人が『用薬須知後編』を刊行。恕庵の子の定庵は松典と称し『千金方薬註(ちゅう)』を著した。[根本曽代子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

松岡恕庵の関連キーワード津島恒之進横地楚山深田厚斎浅井図南服部範忠烏田智庵熊谷玄随服部草玄大口灌畦松岡玄達島田充房岩永玄浩江村如亭豊田養慶本草家岡雲臥稲若水松岡

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android