コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野山伏 クマノヤマブシ

大辞林 第三版の解説

くまのやまぶし【熊野山伏】

熊野三山に奉仕し、修行する山伏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の熊野山伏の言及

【修験道】より

…また彼らは,皇族や貴族の御嶽詣(金峰山参詣)や熊野詣の先達をつとめもした。 鎌倉時代初期には,中央では熊野を拠点とした熊野山伏,金峰山で修行した大和の諸大寺に依拠した回国修験者の二つの修験集団が形成された。このうち前者の熊野山伏は三井寺の増誉が熊野三山検校になったのを契機として,鎌倉時代末には,聖護院を総本山とする本山派とよばれる修験教団になっていった。…

※「熊野山伏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

熊野山伏の関連キーワード児島五流安達ヶ原熊野三山

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android