コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱含量 ネツガンリョウ

3件 の用語解説(熱含量の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐がんりょう〔‐ガンリヤウ〕【熱含量】

エンタルピー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱含量
ねつがんりょう

エンタルピー」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱含量
ねつがんりょう
heat content

エンタルピーenthalpyまたは熱関数heat functionともいい、熱力学特性関数の一つである。記号はHHUpVで定義される(Uは内部エネルギー、pは圧力、Vは容積)。系の内部エネルギーの増加ΔUは外部から供給された熱量qと外部からされた仕事ω(-pΔVになる)の合計であり、したがって、定義から、
  ΔUq+ω=qpΔV
  ΔHqpΔVΔ(pV)=qVΔp
それゆえ、圧力が一定(定圧)の条件では、
  ΔHq
外部から供給された熱量がエンタルピー増加ΔHになる。系のなかで化学変化が一定圧(さらに一定温度の場合も多い)でおこり、それに伴って熱量が吸収されるとΔHは正、また普通よくみられるように熱量が放出されると負になる。たとえば、
  C+O2=CO2 ΔH=-94.052kcal
ではΔHが負(発熱)である。[戸田源治郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱含量の関連キーワードデジタルPBXエンタルピー熱関数オリエンタルアールピーエムデジタルPOP標準生成エンタルピーエルピーアイメルケル線図エンタルピー最小の原理