熱含量(読み)ねつがんりょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱含量
ねつがんりょう
heat content

エンタルピーenthalpyまたは熱関数heat functionともいい、熱力学特性関数の一つである。記号はHHUpVで定義される(Uは内部エネルギー、pは圧力、Vは容積)。系の内部エネルギーの増加ΔUは外部から供給された熱量qと外部からされた仕事ω(-pΔVになる)の合計であり、したがって、定義から、
  ΔUq+ω=qpΔV
  ΔHqpΔVΔ(pV)=qVΔp
それゆえ、圧力が一定(定圧)の条件では、
  ΔHq
外部から供給された熱量がエンタルピー増加ΔHになる。系のなかで化学変化が一定圧(さらに一定温度の場合も多い)でおこり、それに伴って熱量が吸収されるとΔHは正、また普通よくみられるように熱量が放出されると負になる。たとえば、
  C+O2=CO2 ΔH=-94.052kcal
ではΔHが負(発熱)である。[戸田源治郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android