コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱損失 ねつそんしつ

大辞林 第三版の解説

ねつそんしつ【熱損失】

室内の熱が、熱伝導やすきま風などによって外部に流出すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の熱損失の言及

【暖房】より


[暖房と断熱性能]
 暖房をしようとする部屋の断熱性能が悪いと,同じ装置を用い,同じ室内状態を作るにも余分な熱量を必要とし,ひいては余分なエネルギーを使うこととなるから不経済である。ある室内状態を作ったとき室から外へ単位時間に逃げていく熱量を熱損失という。目標の室状態における熱損失に見合うだけの熱量を暖房装置によって室内に送り込めば目標の室状態が得られるわけであるから,経済的な暖房を行うには暖房装置の効率を高めるとともに,建物や室の熱損失を小さくすることが必要である。…

※「熱損失」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

熱損失の関連キーワード三菱ふそう MIQCS燃焼システム高断熱・高気密住宅ロータリーエンジンタングステン電球ナトリウムランプウィンドチル二重標識水法フィラメント空気予熱器赤外線乾燥高断熱住宅室内気候防寒構造非磁性鋼断熱設計すきま風断熱煉瓦空気調和安定器熱管理

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱損失の関連情報