爆燃現象(読み)ばくねんげんしょう

知恵蔵miniの解説

爆燃現象

火災時に酸素が急激に流入することで爆発的な燃焼が起こる現象。気密性の高い建物などで火災が発生すると、酸素濃度の低下による不完全燃焼火勢が衰え、可燃性ガスが充満する。この状態でドアを開けたり窓が割れたりすると、外部の酸素が建物内へ一気に流れ込み、可燃性ガスが激しく燃え広がる。消防士の側から見た場合、建物内から外部へと強い気流(ドラフト)で炎が押し戻されてくる(バックしてくる)ことから「バックドラフト」とも呼ばれる。建物全体へ延焼が急速に広がる原因の一つとされ、危険性が指摘されている。

(2019-7-23)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

爆燃現象の関連情報