コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃焼 ねんしょうcombustion

翻訳|combustion

6件 の用語解説(燃焼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燃焼
ねんしょう
combustion

酸化分解により強く発熱し,炎の発生を伴う反応。 1660年頃 R.ボイルと R.フックが空気を排出した容器内では木炭も硫黄も燃えないことを証明して以降,18世紀になって A.L.ラボアジエが燃焼に不可欠なものが酸素であることを明らかにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ねん‐しょう〔‐セウ〕【燃焼】

[名](スル)
燃えること。物質が酸素と化合して光や熱を出す現象。広義には、熱や光を伴わない酸化反応や、酸素でなく塩素弗素(ふっそ)などと反応して光や熱を出す場合にもいう。「ガスが燃焼する」「不完全燃焼
力のかぎりを尽くして事に当たること。「全生命を芸術に燃焼させる」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

燃焼【ねんしょう】

普通,空気または酸素中で物質が酸素と反応して光と熱を発する現象をいう。広義には光や熱を伴わない酸化現象,またリンやアンチモンが塩素中で反応するときなどのように酸素とは関係がなくても光と熱とを発して化合する現象をもさす。
→関連項目燃料

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねんしょう【燃焼 combustion】

物質が酸素などの酸化剤と化学反応を起こして生成物になると同時に,熱や光の形でエネルギーを放出する現象をいう。したがって,これは物質変換の過程であると同時に,エネルギー変換の過程であるが,前者は実際にはあまり使われないので,利用上は後者がおもな対象となる。家庭用の厨房(ちゆうぼう)・暖房器具から自動車航空機エンジン,さらに工業炉に至る一連の機器,設備は制御されたエネルギー変換の例であり,逆に制御に失敗してエネルギーの暴走が生じたのが火災や爆発災害である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねんしょう【燃焼】

( 名 ) スル
もえること。熱と光の発生を伴う激しい連鎖的な酸化反応。さらに激しい場合は爆発となる。酸化剤は普通は酸素であるが、塩素・フッ素などの場合もある。広義には、熱や光を伴わない酸化反応にもいい、また、原子炉内で進行する連鎖核分裂反応をもいう。
(比喩的に)情熱やエネルギーのすべてを注ぎ込んで事にあたること。 「生命を-し尽くす」 〔ロプシャイト「英華字典」(1866~69年)に combustion の訳語として載る〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

燃焼
ねんしょう
combustion

物質が空気または酸素の中で、光や炎をあげて燃える現象をいう。しかしもっと一般的に炎をあげて燃える現象をさしていうことが多くなった。たとえば、フッ素や塩素の中ではいろいろな物質が炎をあげて燃えるし、原子吸光分析などでは一酸化二窒素亜酸化窒素)によるアセチレンの燃焼なども利用する。塩素の中ではメタンやリンなどが炎をあげて燃える。これらも現象からみてやはり燃焼のなかに含めて扱うことが普通である。
 家庭での都市ガスやプロパンガスの燃焼やマッチ、落ち葉焚(た)き、花火などの卑近な例から、ロケットの推進に至る広い範囲で、化学エネルギーを熱エネルギーに変換するための手段として利用されている。
 なお、生体内の緩やかな酸化反応も燃焼ということがある。[山崎 昶]

燃焼の定義

よく「熱と火を伴った酸化反応」という定義がされているが、現在では化学反応に伴う熱エネルギーの移動と気体の流れの問題としての見方が主流である。この立場から燃焼現象を考えると、発火と火炎伝播(でんぱ)とに大別できる。後者は、火炎面に入ってくる燃料の未燃ガスの流れ方によって、層流火炎伝播と乱流火炎伝播とに分けられる。現象の関係する相が単一の場合は均一系、二相以上の場合は不均一系とよぶ。さらに、火炎面に到達するよりも前で、空気や酸素などの酸化剤と燃料気体が混合している「予混燃焼」と、混合が行われていない「拡散燃焼」に分けることも行われる。たとえば、薪(まき)や木炭などの固体の燃焼は、不均一系拡散燃焼である。[山崎 昶]

燃焼のための酸化剤

ほとんどの燃焼は酸素との反応であるが、前記のようにフッ素、塩素などのほか、硝酸塩や過塩素酸塩などを酸化剤として用いることもある。これらの酸化剤を「支燃性物質」といい、燃料のほうを「可燃性物質」という。よく新聞紙上に散見する「可燃性混合物」というのは、この支燃性物質と可燃性物質との混合物のことである。[山崎 昶]

燃焼の反応機構

一般に燃焼の主反応は気相中でおこるが、固体の表面に触媒作用をもつ箇所があると、この表面で酸化反応がおこり、表面燃焼が始まる。燃焼が始まるのに必要な最低温度は発火点とよばれている。よく手品に出てくる角砂糖に火をつけるトリックも、灰の中にある炭酸カリウム分などによる触媒作用で発火点が低下することを利用して、表面燃焼をおこさせるのにほかならない。物質が完全に燃焼するときに発生する熱量を燃焼熱heat of combustionといい、普通は物質1グラム当りあるいは1モル当りの値をキロカロリーで表す。発熱量という用語も、とくに工学の分野では用いられる。
 都市ガスの炎などは、均一系予混燃焼の例であるが、定常的な層流炎である。これが認められるのは、燃料ガスの流速と、混合気体の燃焼速度がうまくつり合ったときである。内炎は未反応の燃料気体を含み、還元性をもっているので還元炎という。外炎は酸化炎とよばれる。このような炎の特性は、吹管分析や熔球(ようきゅう)反応(リン塩球やホウ砂球)などの乾式の分析法に利用されるが、陶磁器のうわぐすりなども、この酸化炎と還元炎とで異なる色となることを利用することも少なくない。たとえば、銅イオンは還元炎では赤系統、酸化炎では青系統の色となる。
 このように身近な現象であり、100万年以上の人類による利用の歴史をもっているのだが、その機構や現象の解析にはまだ未知の点がある。基礎的な研究が進歩しだしたのはここ20年ぐらいであろう。とくに災害などとの関連もあり、また高速反応に対する研究手段も増加してきたためである。[山崎 昶]
『熊谷清一郎著『火』(岩波新書) ▽ファラデー著『ロウソクの科学』(三石巌訳・角川文庫/矢島祐利訳・岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の燃焼の言及

【酸化・還元】より

…これを銅が還元されたといっている。 酸化の代表例は燃焼である。人間の文明はこの燃焼すなわち火から始まる。…

※「燃焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

燃焼の関連情報