コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆裂的角礫岩 ばくれつてきかくれきがんexplosive breccia

岩石学辞典の解説

爆裂的角礫岩

火山角礫岩または集塊岩で,ブルカノ式噴火やペレ式噴火のような爆発的な噴火で形成されたもの.この中には熱雲(nuee ardentes)や乾燥堆積雪崩(avalancehes seches)による粗粒な堆積物が含まれる[Lacroix : 1930].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android