コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火山角礫岩 かざんかくれきがんvolcanic breccia

3件 の用語解説(火山角礫岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火山角礫岩
かざんかくれきがん
volcanic breccia

火山灰に対して,径 32mm以上の火山岩塊の量比が大きく,大きな岩塊を含む凝灰岩

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

火山角礫岩

粗粒な火山砕屑岩で,火山から放出された物質に由来する角礫岩.濃集し堆積する環境は水や大気が関係することがある.およその組成は凝灰角礫岩(tuff breccia)あるいは爆発角礫岩(explosion breccia)に類似する[Lyell : 1839, Norton : 1917].火山砕屑性角礫岩(pyroclastic breccia)[Fisher : 1960].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火山角礫岩
かざんかくれきがん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

火山角礫岩の関連キーワード凝灰岩鉄道模型ブドウスカシバミツモンケンモンマルチメディアカード噴石放出岩塊火山弾火山灰火山弾

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone