コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片刃石斧 かたはせきふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片刃石斧
かたはせきふ

刃部が両面でなく片側のみから傾斜してつけられている磨製石斧基部が平たい扁平片刃石斧抉入石斧,また小さく細長い柱状片刃石斧がある。手斧や鑿 (のみ) のようにして用いられたと思われる。日本では弥生文化に伴い,大陸から渡来した木製加工具の一つである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の片刃石斧の言及

【斧】より

…木工具としての斧の機能は二つに大別され,伐採斧(ばつさいふ),すなわち立木を伐採し,これを荒割りする斧と,加工斧,すなわち,小割りしてえぐり削る斧とによびわけることができる。考古学では斧を分類するとき斧の刃の形状を重視し,刃を側面から見て左右相称のものを両刃,非相称のものを片刃とよび,両刃石斧,片刃石斧などという。斧の基本的分類である縦斧,横斧と両刃,片刃との関連を世界の考古・民族資料で検討すると,両刃縦斧,両刃横斧,片刃縦斧,片刃横斧のすべてが存在する(図)。…

【石斧】より

…なお柄から離れた状況で見いだされた石斧が,縦斧・横斧のいずれに属するかは,使用によって刃に生じた傷の正確な観察によってのみ判定できる。片刃石斧の絶対多数は横斧であるが,縦斧もまれにある。両刃石斧は縦斧に用いることが多い。…

※「片刃石斧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

片刃石斧の関連キーワードマウピティ墓地遺跡斉家坪遺跡屈家嶺遺跡五島(市)青蓮崗遺跡南小泉遺跡住吉貝塚磨製石器仰韶遺跡丸子遺跡高橋貝塚垂柳遺跡石器石鑿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android