コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抉入石斧 えぐりいりせきふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抉入石斧
えぐりいりせきふ

弥生時代に用いられた石斧の一種。柱状片刃で,胴の部分に柄と斧を合せつけるためのえぐりがあるのでこう呼ばれ,木工具として使用された。アジアの新石器時代後期に類似の石斧が使われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

抉入石斧
えぐりいりせきふ

弥生(やよい)時代の木工具として、太型蛤刃(ふとがたはまぐりば)石斧、扁平片刃(へんぺいかたは)石斧とセットをなす、柱状片刃石斧の一変種。「けつにゅうせきふ」ともよぶ。柱状片刃石斧の刃は片側から45度前後の角度で切り落としたようにつけられるが、その刃の斜面の反対側に「えぐり」を施して、柄を緊縛する際の便を図ったものをいう。この場合一端が短く屈曲する膝柄(ひざえ)は刃と直交するように着装されることになる。中国の長江(ちょうこう)(揚子江(ようすこう))下流域にみられる有段石斧からの出自が考えられるもので、日本と朝鮮半島南部にのみ分布する。半月形外湾刃の石包丁や朝鮮系の磨製石鏃(せきぞく)、磨製石剣などとともに、稲作の到来した道を暗示する遺物として重要である。[加納俊介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

抉入石斧の関連キーワード柱状片刃石斧原の辻遺跡弥生時代片刃石斧