両面(読み)りょうめん

精選版 日本国語大辞典「両面」の解説

りょう‐めん リャウ‥【両面】

〘名〙
① 両方の面。表と裏。表面と裏面。正面と裏面。
※催馬楽(7C後‐8C)大芹「犀角の賽 平賽、頭賽、両面 かすめ浮けたる 切りとほし 金はめ盤木」 〔王建‐新修道居詩〕
② 二つの方面。二つの方向。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「目で見、耳で聴くと云ふ御得用両面なんで」
③ 表と裏とに模様を織り出した布。
※古今著聞集(1254)八「けんもさの両面の水干に、袖にむばらこきに雀のゐたるをぞ縫ひたりける」
④ 表と裏とを同じ布で仕立てた着物。
※俳諧・伊勢正直集(1662)六「両面につくるや袖のうら千鳥〈武晴〉」
⑤ 植物「このてがしわ(児手柏)」の異名。〔花壇地錦抄(1695)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「両面」の解説

両面 (リョウメン)

植物。ヒノキ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物。コノテガシワの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉「両面」の解説

りょう‐めん〔リヤウ‐〕【両面】

表と裏の二つの面。両方の面。「紙の両面」「両面印刷」⇔片面
二つの方向・方面。両方。「両面作戦」「物心両面の援助」
布の織りや染めの柄が表裏とも同じもの。また、表と裏とを同じ布で仕立てた着物。
「肌にりんずの白無垢(しろむく)、中に紫鹿の子の―」〈浮・一代女・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android