両面(読み)りょうめん

精選版 日本国語大辞典「両面」の解説

りょう‐めん リャウ‥【両面】

〘名〙
方の面。表と裏。表面と裏面。正面と裏面。
※催馬楽(7C後‐8C)大芹「犀角の賽 平賽、頭賽、両面 かすめ浮けたる 切りとほし 金はめ盤木」 〔王建‐新修道居詩〕
② 二つの方面。二つの方向。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉前「目で見、耳で聴くと云ふ御得用両面なんで」
③ 表と裏とに模様を織り出した布。
※古今著聞集(1254)八「けんもさの両面の水干に、袖にむばらこきに雀のゐたるをぞ縫ひたりける」
④ 表と裏とを同じ布で仕立てた着物。
※俳諧・伊勢正直集(1662)六「両面につくるや袖のうら千鳥〈武晴〉」
⑤ 植物「このてがしわ(児手柏)」の異名。〔花壇地錦抄(1695)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「両面」の解説

りょう‐めん〔リヤウ‐〕【両面】

表と裏の二つの面。両方の面。「紙の両面」「両面印刷」⇔片面
二つの方向・方面。両方。「両面作戦」「物心両面の援助」
布の織りや染めの柄が表裏とも同じもの。また、表と裏とを同じ布で仕立てた着物。
「肌にりんずの白無垢しろむく、中に紫鹿の子の―」〈浮・一代女・四〉
[類語](1平面表面球面曲面断面側面底面半面片面/(2二手両方両人両者両名双方双方向両側両端両様両両両輪バイラテラル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「両面」の解説

両面 (リョウメン)

植物。ヒノキ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物。コノテガシワの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android