牡丹唐獅子文(読み)ぼたんからししもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牡丹唐獅子文
ぼたんからししもん

牡丹と獅子を組合せた文様。慶賀的な意味があり,鎌倉時代頃から社寺建築装飾や武具類の装飾文様として多用された。江戸時代には庶民の間にも流行し,工芸品の各分野に使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android