牡丹(読み)ボウタン

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐たん【×牡丹】

ぼたん(牡丹)1」に同じ。 夏》「―やしろがねの猫こがねの蝶/蕪村
ぼたん(牡丹)3」に同じ。
御所女中小袖練貫(ねりぬき)の地に、金銀の箔で模様を描くかまたは縫い取りをして、赤い裏をつけたもの。

ぼ‐たん【×牡丹】

ボタン科の落葉低木。高さ1~2メートル。葉は大きく、羽状複葉で、互生する。5月ごろ、白・紅・紫・黄色などの大形の花が咲く。花びらは5~8枚あるが、重弁や二段咲きなどさまざまな園芸品種があり、寒牡丹もある。根皮を漢方で女性の浄血薬などに用いる。中国の原産で、古くから栽培。花の王とよばれ、二十日草(はつかぐさ)・深見草(ふかみぐさ)・名取草(なとりぐさ)などの異称もある。ぼうたん。 夏》「―散りてうちかさなりぬ二三片/蕪村
紋所の名。1の花や葉・枝などを図案化したもの。種類が多い。
襲(かさね)の色目の名。表は白、裏は紅梅。女房の衣では、表は薄い蘇芳(すおう)、裏は白。ぼうたん。
《「獅子(しし)に牡丹」の「獅子」を「猪(しし)」にとりなしていう》イノシシの肉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうたん【牡丹】

「ぼたん(牡丹)」の長音化した語。俳句などで用いることが多い。 [季] 夏。 《 -の咲くときゝはや散るときゝ /星野立子 》

ぼたん【牡丹】

ボタン科の落葉小低木。中国原産。日本でも古くから栽培。高さ約1メートル。葉は白緑色で羽状に分裂し、さらに切れ込む。初夏、枝先に径10~20センチメートルの花を開く。園芸品種は重弁で、紅・白・淡紅・紫・黄など。根皮は漢方で婦人薬として利用。ぼうたん。古名、ホウタン・フカミグサ・ハツカグサ。 [季] 夏。 《 -散てうちかさなりぬ二三片 /蕪村 》
〔「獅子ししに牡丹」の「獅子」を猪いのししにとりなして〕 イノシシの肉をいう。 「人さまのはなしをきくと-や紅葉はあんまり薬ぢやあない/安愚楽鍋 魯文
はなやかで大きなものの形容。 「 -エビ」
[句項目] 牡丹に唐獅子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

牡丹 (ボタン)

植物。スベリヒユ科の一年草,園芸植物。マツバボタンの別称

牡丹 (ボタン・ボウタン)

学名:Paeonia suffruticosa
植物。ボタン科の落葉低木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐たん【牡丹】

〘名〙
① =ぼたん(牡丹)①《季・夏》
※能因本枕(10C終)一四六「露台の前に植ゑられたりけるほうたんの、唐めきをかしき事」
※満佐須計装束抄(1184)三「ぼうたん おもてみなうすきすはう。うらみなしろし。すずしのひとへ」
③ 御所の女中の小袖。練貫(ねりぬき)に金銀の箔(はく)で絵模様を置き、また繍(ぬい)をして、赤い裏をつけたもの。
※簾中旧記(1521頃か)「四月には、ぼうたんと申物めし候」

ぼ‐たん【牡丹】

〘名〙
① ボタン科の落葉低木。中国原産で、古く日本に渡来し、観賞用として庭に植えられる。高さ〇・六~一・八メートル。葉は二回羽状複葉で有柄。各小葉は卵形か披針形で二~三裂する。春、梢上に径二〇センチメートルぐらいの大形の重弁花を一個つける。花は紅・紅紫・黒紫・桃・白色などで変化が多い。根皮は頭痛、関節炎、リウマチ、婦人病などの薬として煎服(せんぷく)される。漢名、牡丹。はつかぐさ。ふかみぐさ。なとりぐさ。やまたちばな。ぼうたん。ぼうたんぐさ。《季・夏》
▼ぼたんの芽《季・春》
※菅家文草(900頃)四・法花寺白牡丹「色即為貞白、名猶喚牡丹」 〔白居易‐惜牡丹花詩〕
② 襲(かさね)の色目の名。表は白、裏は紅梅。また、女房の衣の場合は表は薄蘇芳、裏白。四月に用いる。ぼうたん。
※俳諧・滑稽雑談(1713)四月「ぼたんの衣 表白、裏紅梅、かさねもあるべし」
紋所の名。①の花を種々にあしらったもの。裏牡丹、津軽牡丹、近衛牡丹、杏葉牡丹など種々ある。
※太平記(14C後)一七「牡丹の旗、扇の旗、只二流れ差揚て」
④ (「獅子に牡丹」の「獅子」を「猪(いのしし)」にとりなしていう) 猪肉の異称。
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)四立「牡丹(ボタン)といへば看板に、偽りのねえ吸ひ物の、一杯くはせたこの獣物」
⑤ 遊女。
※雑俳・銀土器(1716‐36)「地女房を唯きたながる牡丹好」
⑥ 花札で六月を表わす札。牡丹に蝶の図柄の一〇点札、牡丹に短冊の五点札各一枚と、一点札二枚がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

牡丹の関連情報