物に似ず(読み)モノニニズ

デジタル大辞泉の解説

物(もの)に似◦ず

他に比べるものがない。たとえようもない。
「かなしきこと―◦ず」〈大和・一四八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ものににず【物に似ず】

他にくらべるものがなく。たとえようがなく。 悲しきこと-、よよとぞ泣きける/大和 148

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もの【物】 に 似(に)

なみなみでない。他に比べようがない。たとえようがない。
※竹取(9C末‐10C初)「装束の清らなる事、物にもにず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android