コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清ら キヨラ

デジタル大辞泉の解説

きよ‐ら【清ら】

[名・形動]清く美しいこと。気品があって美しいこと。また、そのさま。
「青く―にて物問いたげに愁いを含める目の」〈鴎外舞姫
「装束の―なること、物にも似ず」〈竹取
[補説]平安時代には「きよげ」よりも上の第一流の美をさして用いた。

けう‐ら【清ら】

[形動ナリ]《「きよら」の音変化か》けがれなく美しいさま。きょうら。
「かの都の人は、いと―に、老いをせずなむ」〈竹取

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きよら【清ら】

( 名 ・形動ナリ )
気品があって美しいこと。また、華やかで美しいこと。また、そのさま。 「光みちて-にてゐたる人あり/竹取」 「万づに-を尽くしていみじと思ひ/徒然 2

けうら【清ら】

( 形動ナリ )
〔「きよら」の転という〕
輝くように美しいさま。 「髪いと-にて長かりけるが/源氏 真木柱

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

清らの関連キーワード掻上の笥・搔上の笥香ばしい・芳ばしい暁民共産党事件五十嵐 豊吉宅間源左衛門ロドイダンバ男の子御子大見小藤太鎌田正清妻そこはかと五十嵐豊吉猪苗代兼純然しながら言う由無し世に無し打ち遣るねび調ふ五条有範鹿島一谷上杉謙信

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清らの関連情報