清ら(読み)キヨラ

デジタル大辞泉の解説

きよ‐ら【清ら】

[名・形動]清く美しいこと。気品があって美しいこと。また、そのさま。
「青く―にて物問いたげに愁いを含める目の」〈鴎外舞姫
「装束の―なること、物にも似ず」〈竹取
[補説]平安時代には「きよげ」よりも上の第一流の美をさして用いた。

けう‐ら【清ら】

[形動ナリ]《「きよら」の音変化か》けがれなく美しいさま。きょうら。
「かの都の人は、いと―に、老いをせずなむ」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きよら【清ら】

( 名 ・形動ナリ )
気品があって美しいこと。また、華やかで美しいこと。また、そのさま。 「光みちて-にてゐたる人あり/竹取」 「万づに-を尽くしていみじと思ひ/徒然 2

けうら【清ら】

( 形動ナリ )
〔「きよら」の転という〕
輝くように美しいさま。 「髪いと-にて長かりけるが/源氏 真木柱

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清らの関連情報