コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物体色 ぶったいしょくGegenstandsfarben; object colour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

物体色
ぶったいしょく
Gegenstandsfarben; object colour

通常,物体についてその属性として体験される。対象色ともいう。物体の表面に現れる色という意味では表面色に近いが,物体色は必ずしも表面色とは限らない。たとえば,透明な物体の色などは,物体色ではあるが表面色とはいえない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶったい‐しょく【物体色】

物体に白い光を当てたとき、眼に感じるその物の色。→光源色

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の物体色の言及

【明るさ】より

…つまり,明るさbrightnessという言葉は光源色のみに対して用いるのである。光源色とは物体を照らす光源の色であり,いわば色そのものであって,物体に対して私たちが見る物体の色,すなわち物体色とは区別されている。その光源色に対して私たちが感ずるいわば強さの感覚を明るさというのである。…

【色】より

…このようにすると中央は灰色つまり無彩色になるが,それの上方向は明るさが増し,下方向は明るさが減るようになっているから,中央の軸のいちばん下はいちばん暗いもの,つまりは黒,いちばん上はいちばん明るいもの,つまりは真っ白ということになる。
[物体色と光源色]
 ここで明るさについては少し考えておかねばならないことがある。世の中でいちばん明るいものは何かということである。…

※「物体色」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

物体色の関連キーワードPointer colourオストワルト表色系BT2020BT709色(いろ)標準光源明るさ色彩計色立体明度補色

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物体色の関連情報