コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特二式内火艇 とくにしきないかてい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

特二式内火艇
とくにしきないかてい

第2次世界大戦中の日本海軍の代表的な上陸作戦用水陸両用戦車。潜水艦上に搭載されて運ばれ,浮上後,自力で海面を航行し,上陸後は無限軌道で走行した。三菱重工業により 184両が製作され,南方戦線で使用された。主要目は,乗員6,重量 12.5t,最高時速は陸上 37km,水上 9.5km,37mm砲1,7.7mm機関銃1。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android