無限軌道

  • むげんきどう
  • むげんきどう ‥キダウ
  • むげんきどう〔キダウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 車輪の代わりに、前後輪に無端のベルトを掛け、回転させて走行する装置。また、そのベルト。キャタピラ。〔新しき用語の泉(1921)〕
② 無限に続く軌道。円・楕円などを描く軌道。
※シベリヤ物語(1950‐54)〈長谷川四郎〉馬の微笑「馬はこれに縛りつけられて、固定した一点を中心にして無限軌道を描き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の無限軌道の言及

【キャタピラ】より

…車両用走行装置の一種で,無限軌道または履帯ともいう。1801年イギリスのトマス・ジャーマンによって発明されたが,実用化されたのは1904年アメリカのホルト社が農耕用トラクターの走行装置として使用したのが最初といわれている。…

※「無限軌道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無限軌道の関連情報