無限軌道(読み)むげんきどう

精選版 日本国語大辞典の解説

むげん‐きどう ‥キダウ【無限軌道】

〘名〙
① 車輪の代わりに、前後輪に無端のベルトを掛け、回転させて走行する装置。また、そのベルト。キャタピラ。〔新しき用語の泉(1921)〕
② 無限に続く軌道。円・楕円などを描く軌道。
※シベリヤ物語(1950‐54)〈長谷川四郎〉馬の微笑「馬はこれに縛りつけられて、固定した一点を中心にして無限軌道を描き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の無限軌道の言及

【キャタピラ】より

…車両用走行装置の一種で,無限軌道または履帯ともいう。1801年イギリスのトマス・ジャーマンによって発明されたが,実用化されたのは1904年アメリカのホルト社が農耕用トラクターの走行装置として使用したのが最初といわれている。…

※「無限軌道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報