自力(読み)ジリキ

大辞林 第三版の解説

じりき【自力】

自分自身の力。 「 -ではいあがる」
〘仏〙 自分に備わっている悟りを開く能力。また、自分の修行によって悟りを開こうとすること。
▽⇔ 他力

じりょく【自力】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の自力の言及

【他力本願】より

…他力とはみずからの力によらないで,仏・菩薩の力によって救われること,とくに阿弥陀仏の四十八願,別しては第18願による救済をさす。浄土教では浄土門・念仏行を他力とし,聖道(しようどう)門・余行を自力(じりき)とする。また他力を他力本願の意とし,本願によらないものを自力とする。…

※「自力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自力の関連情報