自力(読み)ジリキ

  • じりょく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「りき」は「力」の呉音)
① 自分ひとりの力。自身の働き。独力。
※源平盛衰記(14C前)一八「自力(ジリキ)造営の事は、争(いか)でか叶ふ可きなれば、知識奉加の勧進にて、自他の利益を遍(あまね)うせんと思ひつつ」
② 自然に備わった力。天性の技量。地力。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉六七「殊には角力が巧手(じゃうず)で、愛嬌があり、実に自力のある処の関取だから」
③ 仏語。総じて、自分の力で修行をして成仏、または浄土往生を得ようとすること。〔往生要集(984‐985)〕
※梵舜本沙石集(1283)二「念仏は他力と云ひながら自力もあり。されば二力也」
※福沢先生浮世談(1898)〈福沢諭吉〉「今日の文明多事の世の中に居て僅品品行を慎しむ位の事が自力(ジリョク)に及ばずなど云ふ事は決して許されない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の自力の言及

【他力本願】より

…他力とはみずからの力によらないで,仏・菩薩の力によって救われること,とくに阿弥陀仏の四十八願,別しては第18願による救済をさす。浄土教では浄土門・念仏行を他力とし,聖道(しようどう)門・余行を自力(じりき)とする。また他力を他力本願の意とし,本願によらないものを自力とする。…

※「自力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自力の関連情報