コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬江親兵衛 いぬえ しんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

犬江親兵衛 いぬえ-しんべえ

滝沢馬琴の読み本「南総里見八犬伝」の登場人物。
里見八犬士のひとりで仁の玉をもつ。八犬士の最年少だが,一番早く安房(あわ)館山の里見家にかえって活躍。扇谷(おうぎがやつ)定正と山内顕定(やまのうち-あきさだ)の連合軍を破り,のち館山城主となった。作品は文化11年(1814)から天保(てんぽう)13年(1842)にかけて刊行。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

犬江親兵衛の関連キーワード滝沢馬琴祖母

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android