コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

状層理 レンズじょうそうりlenticular bedding

岩石学辞典の解説

状層理

泥の中の不連続のレンズ状の砂で,砂はリップルとして形成されリップルの外形が保存されている.レンズと関係のあるレンズ状層理は75%以下のリップルが水平方向と垂直方向に共に隔離している場合に形成される.レンズと関係のないレンズ状層理は75%以上のレンズが互いに隔離している.砂質のレンズは,長さと高さの比が20以内の厚いものと,長さと高さの比が20以上の平らなものに分けられる[Reineck & Wunderlich : 1968].フレーザー層理に比べて砂の量比が小さい.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

状層理の関連キーワードコンボリュート層理片面転動層黝色鉱染帯層内皺

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android