コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐仙 こせんhu-xian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狐仙
こせん
hu-xian

胡仙,胡神,大仙爺,老太爺などともいう。中国の北部および東北地方に行われている民間信仰の神で,神通力をもったきつねをいう。特に財産を守る神とされている。父祖3代にわたる神として胡三代爺という地方もある。 10月1日がその神誕日とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の狐仙の言及

【クワ(桑)】より

…華北地方は寒冷で養蚕に適しないため,クワの木は繁茂するに任せ,巨大な老樹になることがある。そこでクワの老樹には狐仙(こせん)などの神が宿るという神樹信仰もあった。殷の湯王の宰相となった伊尹(いいん)は,もと有侁氏の女がクワを摘み,空桑の中から嬰児(えいじ)を得て,その王に献じたのが後の賢相伊尹になったという。…

※「狐仙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

狐仙の関連キーワード贄川 他石胡仙

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android