コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐仙 こせんhu-xian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狐仙
こせん
hu-xian

胡仙,胡神,大仙爺,老太爺などともいう。中国の北部および東北地方に行われている民間信仰の神で,神通力をもったきつねをいう。特に財産を守る神とされている。父祖3代にわたる神として胡三代爺という地方もある。 10月1日がその神誕日とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の狐仙の言及

【クワ(桑)】より

…華北地方は寒冷で養蚕に適しないため,クワの木は繁茂するに任せ,巨大な老樹になることがある。そこでクワの老樹には狐仙(こせん)などの神が宿るという神樹信仰もあった。殷の湯王の宰相となった伊尹(いいん)は,もと有侁氏の女がクワを摘み,空桑の中から嬰児(えいじ)を得て,その王に献じたのが後の賢相伊尹になったという。…

※「狐仙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狐仙の関連キーワード贄川 他石胡仙

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android